FC2ブログ

こうわ通信

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訪問介護 内部研修~苦情に対してどう向き合うか~

4月27日に苦情・クレーム対応についての内部研修をしました。
外部研修に参加した西之原さんが講師となり、資料や動画での説明でした。
動画は”怒りを笑いに変えるクレームコンサルタント 谷 厚志”さんの”怒るお客様こそ神様です”を使用してクレーム対応について勉強しました。
  谷 厚志さんの動画←ご興味のある方はクリックしてご覧ください。 
もちろん皆様に満足していただけるよう日々努力をしておりますが、どうしても不手際はあるかと思います。
晃和会全体で、苦情はアドバイスと受け止め、真摯に対応し、地域の皆様に満足いただけるよう努力していきたいと思いますので、迷わずにアドバイスをして頂ければと思います。
CIMG1206.jpg
スポンサーサイト

親睦会

4月16日は在宅事業部の親睦会がありました。福利厚生委員のスタッフは毎回手を替え品を替え、盛り上げて笑わせてくれます。誕生者のサプライズケーキや、クイズ”在宅事業部の女性を年齢順に並べましょう”などありました。

今年4月に入職した、理学療法士の水嶋さんがクイズに参加しました。
はじめは(20代30代)軽快でしたが、層の厚い50代に突入し、間違えると大変なことになるので必死です(;゜0゜)
最後は出題者が回答し、何とか乗り切った水嶋さんでした(゚∀゚)
水嶋さんの他に、2月に入職した看護師の梅野さん、訪問介護の山﨑さんも在宅事業部の仲間になりました。
梅野さんは3度目の出戻り・山﨑さんは先日送別会をしたばかりです。(笑)
残念ながら長い間訪問看護師として活躍してきたスタッフの退職予定がありますが、梅野さんや山﨑さんのように戻ってきてもらえたらな~。なんて思います。
お料理もおいしく、たくさん量があり、楽しい会になりました。
CIMG1169.jpg CIMG1161.jpg CIMG1147 - コピー

勉強会 ~からだを痛めないために~

こんにちは。
3月14日(月)に在宅事業部の職員を対象にした勉強会を開催致しました。
今回は、日々利用者さんのケアに携わっている職員も利用者さん同様に、身体を大事にすることが大切ということで、身体の痛みや介助方法についての講義と実技を行いました。
まず、訪問や施設でのリハビリに携わっている西口(理学療法士)が身体についての講義を行いました。
CIMG1069.jpg CIMG1078.jpg


その後2班に分かれての実技という2部構成でした。
職員からの相談内容におきましては、

◎利用者さんの介護中に身体(手首など)が痛む

◎仕事以外の時間に身体が痛む

◎利用者さんの介助について、利用者と自分にとってより良い方法があるのではないかと悩む時がある

といった内容が圧倒的に多かったです。
この内容は、全国のケアに携わる方々に共通した意見のように思います。
介護の世界において、利用者さんの介護中に自分の体を痛めて、仕事を辞めざるを得なくなった方もおられると思います。

講義のお話の中にもありましたが、身体は消耗品です。
そのため、膝や腰、手首などが痛むことがあるのです。

そういった中で、1日でも多く、元気に利用者さんのケアに携わることができるように、私たち職員も、自分たちで普段の生活における動作の方法を見直すことで予防していくこと、体を大事にしてくことが大切であるように思いました。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。