FC2ブログ

こうわ通信

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

区民で支えよう認知症

20161112104009816.jpg
”区民で支えよう認知症”の講演会に出席してきました。
鶴見区医師会主催の講演会で、タイトルの通り今後増えることが予想される認知症高齢者を、地域で支えていきましょう!という会です。
座る席がない程地域の方々や介護事業者が参加しており、関心度の高さが伺えました。
北田医院の加藤茉里先生は、つるりっぷオレンジチーム(認知症初期集中支援チーム)の認知症サポート医として支援しています。オレンジチームの活動報告とメンバー紹介がありました。
2016111211361468f.jpg


また北田博一先生も今回の講演で、在宅での看取りの事例発表をしました。
201611121136244a0.jpg

北田医院では、もの忘れ外来や在宅診療を行っていますのでお気軽にご相談ください。
スポンサーサイト

晃和会 接遇研修

10月19日(水)晃和会全体で接遇研修があり、55名の職員が参加しました。
講師にはホテルニューオータニ大阪 管理課 能力開発の 森 浩 先生を招いてのご講義でした。
コミュニケーションでは、表情の明るさ、声のトーン、言葉遣いのバランスが大切であり、
これまでの経験上 「相手はきっとこうしてほしい」 という ”思い込み ”が落とし穴だということを学びました。
もう一度これまでの対応を見つめなおし、今後どのようにご利用者の方々と接ししてくべきか考えさせられる内容でした。
大変饒舌で1時間30分があっという間に過ぎました。森先生ありがとうございました。
   CIMG1626.jpg  CIMG1655.jpg
CIMG1679.jpg     CIMG1680.jpg

訪問看護ステーション&福祉用具レンタル 合同内部研修

平成28年9月29日(木)に、訪問看護ステーションと福祉用具レンタル主催の合同内部研修を、ふれあいセンターにて行いました。まずは福祉用具専門相談員の高川による車椅子の基本的な説明といろいろなタイプの車椅子紹介、
そのあと理学療法士の場谷による座位姿勢のポジショニング方法についての講義の後に、実際に体験しました。
車椅子の選定や調整の仕方、またポジショニング方法によって、同じ利用者さんでも座位姿勢が良くなったり
褥瘡が出来にくくなることを学び、たいへん実のある研修会でした。
この研修会で学んだことを、明日からの実践で利用者さんに活かせていけたらと思います。

20161004101435760.jpeg
201610041015178e0.jpeg

内部研修~事例検討会~

平成28年9月26日(月)に、在宅事業部でケアマネージャーによる事例検討会を行いました。
ケアマネージャーはいろいろな制度や仕組み等、覚えないといけないことが多く、また多職種に連絡を取りあって情報を共有しないといけない職種で、医療・介護・福祉を繋ぐ要であり、すごく重要なポジション!
このような研修を通じて、円滑な多職種とのチームアプローチを学び、各利用者さんの目標が達成できるように支援していきます。

CIMG1591.jpg

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。